若女将ブログ

  • November 8, 2016

    こんにちわ。
    今日は恵比寿 鳥蔵で使っているお塩についてご紹介致します。
    こちらは、播州赤穂のお塩です。
    初めは水分を沢山含んで湿ったボトボトの状態で届きます。それを大きな竹編みザルで広げて乾燥させます。季節にもよりますが、おおよそ3ヶ月から半年かけて水分をとばし、写真のようなサラサラ塩にした後、やっとお店で使用できるようになります。そのままのお塩と比べると素材の味が引き立ち、まろやかな塩味とうまみを出すことができるのです。
    ゆえに鳥蔵では、つくねにしかタレをつけません。全てが新鮮な素材重視だからこそです。
    皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

  • November 7, 2016

    こんにちは。
    月曜日から気持ちの良い晴天ですね!
    皆様ご存知のように飲食店は営業時間以上に仕込みに時間がかかります。
    写真は皮ネギの仕込み風景です。初めてだと1串さすのも難しいほど大変な代物です。
    なぜなら、皮の脂身とツルツルしたネギを一緒にさすことが意外とできないからです。
    きつね色にこんがり焼き上がるとカリッとした皮の食感と、甘いねぎの味わいをともに楽しむことができます。
    ぜひ一度ご賞味くださいませ。
    皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

  • October 28, 2016

    昨晩は多くのお客様にご来店をいただき、無事オープン初日を迎えることができました。
    ご来店頂いたお客様、誠に有難うございました。
    新築の香りに少しずつ炭の香りが混じり、店内がお客様の声で賑わってくると、やっと普段のペースを少しずつ取り戻せたかなぁ?と思っています。
    「鳥蔵」のコースは、手羽焼きから始まります。
    東京へ来て初めて知ったのですが、これは東京では珍しいのだそうです。「最初から手羽とはパンチがきいてるねー!」と仰るお客様もいて、なんだか妙に嬉しくなりました。
    脂をおとしながらじっくりと焼かれた手羽皮の香ばしさと、ジューシーな肉の旨味を是非召し上がりにいらしてください。