若女将ブログ

  • August 16, 2017

    8月に入り記録的な長雨が続いています。雨も必要ですが何もお盆休み連日で降らなくても……
    鳥蔵はお盆休み中に内装の追加工事を終え、心も新たにお客様をお迎えする準備が整いました。オープン当初から比べると材料が日に日に良くなっており、扱っている私たちも喜んでいます。というのも鳥の仕入れが一番頭を悩ませるもので、色んな養鶏場や組合のものを頼んでみては大きさだったり、良くても数が揃わなかったり、安定して入らなかったりと問題は様々でした。ですが少しずつ良い養鶏場とのご縁もあって、皆様により新鮮でより美味しいものを提供させて頂けるようになってきました。本当に感謝です。特に最近出会った”ぼんじり”は関西時代にもなかった味わいと食感で、関東の方がご覧になるとまずその大きさに驚かれること間違いなしだと思います。これもまだ仕入れは少ないので限定にはなってしまいますが是非皆様に一度召し上がって頂きたい一品です。悪天候は気持ちもどんよりしてモチベーションも下がり気味ですが、美味しいものを食べて、飲んで、気持ち晴れやかになるお手伝いをさせて頂きたいので、本日も皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

  • July 6, 2017

    梅雨に入ると、祖母がいつも決まって梅干しを一個丸々食べなくても良いから一口だけでも食べておきなさいと言っていました。それは小さな時から大人になるまで一年に一回必ず。無病息災の”おまじない”でした。梅雨時期に体調が優れないというのをよく耳にします。気温、気圧、湿度など様々な要因があるとされています。きっと今も昔も同じ事だったのでしょう。昔の人々はその地域や家の色んな習わしを子供さんやお孫さんの健康を願って代々伝えてきたのだと思います。普段は忘れていてもふとした時に思い出すとその時の情景であったり、言葉だったりが一気によみがえって今は居なくともその人をすごく近くに感じることが何より嬉しいものだったりもします。。。
    以前もご紹介しましたが、鳥蔵自家製の梅干しは昔ながらの塩の効いた酸っぱい南高梅です。そのまま一口丸ごと召し上がる方もいれば、味の素と醤油をかけてからという方もおられます。もちろんお酒に入れられる方も。お好みで是非一度試してみてください。
    皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

  • June 15, 2017

    恵比寿で鳥蔵がオープンして、もうすぐ8ヶ月目に突入しようとしています。これまでに沢山の嬉しいお言葉を賜りました。「美味しいっ!!」に始まり、「こんな焼き鳥を食べたことがない」、「焼き鳥はどこで食べても変わらないと思っていたけど全くの別物だった」、「焼き鳥の概念を覆された」など皆様のSNSやレストランサイトのコメントでそういった文面を目にしたり耳にしたりします。その度に鳥蔵をやっていて良かったなと心底思います。と同時にお一人でも多くの方々にこれからも鳥蔵の焼き鳥を召し上がって頂きたいと切に願います。関西時代のお客様方も絶えずお越しになられては優しい労いの言葉をかけて頂いております。商売文句ではなく是非一度は召し上がって頂きたい焼き鳥が鳥蔵にはあります。生意気に聞こえるかもしれませんが胸を張ってお出しできます。それだけの自信は、ただただシンプルに材料の鮮度、焼き、そして少しでも美味しいものを召し上がって帰って頂けるようにという気持ちだけです。
    引き続き、皆様のお声に甘んじることなく、気を引き締めて1日1日を丁寧にお客様をお迎えできるように努めてまいりたいと思います。いつもご覧頂きありがとうございます。