若女将ブログ

  • November 6, 2017

    先日若い男性3人組のお客様がそれぞれのお祝いをするのに鳥蔵をご利用になられました。お一人はお誕生日、お一人はお子様がお生まれになられたということでした。コースが中盤に差しかかった時、3名様の少し後にお一人でお越しになられていた常連様が自分も彼らにお祝いをしたいとお三方と我々スタッフにもお酒を振る舞って頂きました。お話も弾んで皆さま盛り上がっておられました。
    お客様にもお店の雰囲気づくりをして頂いているんだなと改めて思った瞬間でした。
    すると、続けてその方が「自分は若い時、あなたたちの歳頃にこういった料理屋さんでたまたま居合わせた目上の方々から色んなことを教わったお陰で今の自分がある。その時会っただけの名前もわからない方たちに恩返しはできないから、せめて自分も歳を重ねて次の世代へそれを伝えていければと思っているので、偉大な先輩たちがしてくださったように今日の君たちの食事代は僕に払わせてください」と

    一期一会を大切にとよく言いますがその時、何かを成し得ず悔やんでも
    その後また別のきっかけで相手や事は違えど行動を起こすこともできる、その一瞬は決して無駄にはならないんだとお客様に教えて頂いた気がします。
    1周年も皆さまのおかげで無事終わり、素敵なお客様とのご縁に感謝しながら新たなページを開いていけたらと思います。引き続き皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

  • August 16, 2017

    8月に入り記録的な長雨が続いています。雨も必要ですが何もお盆休み連日で降らなくても……
    鳥蔵はお盆休み中に内装の追加工事を終え、心も新たにお客様をお迎えする準備が整いました。オープン当初から比べると材料が日に日に良くなっており、扱っている私たちも喜んでいます。というのも鳥の仕入れが一番頭を悩ませるもので、色んな養鶏場や組合のものを頼んでみては大きさだったり、良くても数が揃わなかったり、安定して入らなかったりと問題は様々でした。ですが少しずつ良い養鶏場とのご縁もあって、皆様により新鮮でより美味しいものを提供させて頂けるようになってきました。本当に感謝です。特に最近出会った”ぼんじり”は関西時代にもなかった味わいと食感で、関東の方がご覧になるとまずその大きさに驚かれること間違いなしだと思います。これもまだ仕入れは少ないので限定にはなってしまいますが是非皆様に一度召し上がって頂きたい一品です。悪天候は気持ちもどんよりしてモチベーションも下がり気味ですが、美味しいものを食べて、飲んで、気持ち晴れやかになるお手伝いをさせて頂きたいので、本日も皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

  • July 6, 2017

    梅雨に入ると、祖母がいつも決まって梅干しを一個丸々食べなくても良いから一口だけでも食べておきなさいと言っていました。それは小さな時から大人になるまで一年に一回必ず。無病息災の”おまじない”でした。梅雨時期に体調が優れないというのをよく耳にします。気温、気圧、湿度など様々な要因があるとされています。きっと今も昔も同じ事だったのでしょう。昔の人々はその地域や家の色んな習わしを子供さんやお孫さんの健康を願って代々伝えてきたのだと思います。普段は忘れていてもふとした時に思い出すとその時の情景であったり、言葉だったりが一気によみがえって今は居なくともその人をすごく近くに感じることが何より嬉しいものだったりもします。。。
    以前もご紹介しましたが、鳥蔵自家製の梅干しは昔ながらの塩の効いた酸っぱい南高梅です。そのまま一口丸ごと召し上がる方もいれば、味の素と醤油をかけてからという方もおられます。もちろんお酒に入れられる方も。お好みで是非一度試してみてください。
    皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。